第12回地震火山こどもサマースクール
磐梯山のお宝さがし

  1. 目的
     宝の山といわれる磐梯山を舞台に、ここにしかない大地のナゾやひみつを、第一線の専門家と一緒に楽しく発見する1泊2日のサマースクールを開催します。磐梯山地域はもとより全国各地から集まる子どもたちで、ゲーム形式を交えた野外観察や身近な材料を使った実験を行い、学会の研究者との交流などを通じて、磐梯山の地形や大地のしくみを実感し、そうした中で暮らしてきた磐梯山地域の人たちの生活を知り、繰り返される噴火の理解を深めます。2日目の午後には、地元の住民やジオパーク関係者らを対象にした公開フォーラムに参加し、発見したことや学んだことを全員で発表します。
  2. 主催
     第12回地震火山こどもサマースクール実行委員会(公益社団法人日本地震学会特定非営利活動法人日本火山学会一般社団法人日本地質学会磐梯山ジオパーク協議会
  3. 後援
     内閣府、文部科学省、国土交通省、消防庁、気象庁、独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター、福島県、福島県教育委員会(予定含む)
  4. 日時
     2011年8月6日(土)午前9時〜8月7日(日)午後5時
  5. 集合・解散場所
     猪苗代町役場(福島県耶麻郡猪苗代町字城南100番地) 電話0242-62-2111
  6. 活動場所
    「国立磐梯青少年交流の家」、磐梯山周辺
  7. 宿泊先宿泊先
    「国立磐梯青少年交流の家」 〒969-3103 福島県耶麻郡猪苗代町字五輪原7136-1 TEL 0242-62-2530
  8. 講師・スタッフ
     竹谷陽二郎(実行委員長、福島県立博物館専門学芸員)、宇井忠英(北海道大学名誉教授)、藤縄明彦(茨城大学教授)、林信太郎(秋田大学教授)、藤林紀枝(新潟大学教授)、長橋良隆(福島大学准教授)、武村雅之(小堀鐸二研究所副所長)、星住英夫(産業技術総合研究所)、数越達也(兵庫県立神戸高校)、高梨光一(福島県喜多方市立第一中学校校長)、中川和之(時事通信社 山形支局長)、佐藤公(磐梯山噴火記念館副館長)ほか
  9. 日程(天候によって多少の変更あり)
    [8月6日]
    9:20 猪苗代役場集合 役場でオリエンテーション
    10:00 天鏡台周辺で野外観察
    12:00 青少年交流の家 昼食
    13:00 〜 17:00 火山の実験とお話
    17:00 〜 19:00 入室のオリエンテーションと夕食
    19:00 〜 21:00 夜のお話 学者と語ろう チームミーティング
    21:00 消灯
    [8月7日]
    6:30 起床・朝食
    7:30 宿舎出発
    8:00 〜 10:30 磐梯山ミニハイクで野外観察
    10:40 流れ山の観察と磐梯山噴火記念館見学
    12:00 青少年交流の家 昼食
    13:00 〜 14:30 チームミーティング
    15:00 〜 16:00 「ジオパークフォーラムin磐梯山で発表
    16:30 解散
     *当日昼食から二日目の昼食までの4食は、事務局で用意します。基本的には、全員同一の献立ですのでご了承ください。もし、食物アレルギーなどをお持ちの方は、対応できる部分もありますので申込時にご連絡ください。
  10. 募集対象・人員
     小学校5年生から高校生まで40人(全行程、保護者の同伴なしに参加できる方)
  11. 参加費
     2000円(初日の昼食から2日目の昼食までの4食と宿泊費、飲み物代、保険代など含む)、当日の受付時に集めます。活動中はこれ以外の現金は不要です。
  12. 参加申込方法 <<FAX用の申込用紙(pdfファイル)をダウンロード>>
     6月20日から募集を開始します。7月31日までに、ホームページ上の申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し、FAXで送って下さい。
    または、往復葉書に下記項目を記入、返信用の葉書に自宅住所・氏名を記入して下さい。
    1.参加者氏名・ふりがな(本人の自筆)、性別、保護者氏名(保護者記載)
    2.学校名・学年
    3.住所
    4.電話番号、当日の緊急連絡先電話番号、FAX番号、Email(保護者記載)
    5.健康状態・特記事項など(保護者記載)
    6.磐梯山や今回の東日本大震災、一般的な地震や火山、近くの山や川の風景について、普段から疑問に思っていること、納得がいかないこと、不思議に思っていることなどを、本人が書いてください。
     参加希望者が定員枠を超えた場合は、学年などを考慮した上で先着順で締め切り、ホームページ上で申し込み終了をご案内します。年齢バランスのため、小学生は20人、中高生は20人(各15人以内)までの先着順を基本とします。参加者の決定や当日のご案内は、往復葉書の返信用葉書やFAXでお知らせいたします。
     なお、遠距離からの参加者は、実費で青少年自然の家の宿泊(前泊、後泊とも)が可能です。申込用紙に記載していただければ、詳細は事務局から個別にご連絡します。
    <申込先> 磐梯山ジオパーク協議会事務局 地震火山こどもサマースクール担当
    〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峰1093 電話0241-32-2511
    FAX 0241-32-3152
  13. 保護者の同伴
     こども主体の事業であるため、保護者の同伴は原則不可とします。2日目のジオパークフォーラムin磐梯山(7日午後1時から、猪苗代町役場大会議室)には、ぜひご参加下さい。
  14. 傷害保険
     参加者全員について主催者が一括してスポーツ・レクリエーション参加者傷害保険に加入します。
  15. 当日の持ち物
     水筒、参加決定通知はがきかFAX(健康チェック欄や参加承諾欄に記入のこと)、当日までの課題(参加者にはご連絡します)、参加費2,000円、筆記用具、帽子(絶対必要)、ハイキングで歩きやすい靴、動きやすい服装、雨具(できれば雨合羽と傘の両方)、パジャマ、着替え、汗を拭くタオル、ハンカチ、ティッシュ、入浴用のタオル大小、洗面用具、ビニール袋、軍手、虫除け、常備薬(酔い止めなど)、保険証コピー(カード式であれば個人用のカード)、手荷物を詰められるリュック(野外見学のためのもの)
     ※全てのものに記名してください。
     ※お金、携帯電話、カメラなど貴重品は、各自の責任で管理してください。
  16. 中止の判断
     雨天の場合,一部行程を変更して実施することがあります。また、期間中に暴風雨などの悪天候が予想される場合や、被害地震などの発生時等には、やむを得ず開催前や期間中に中止とすることがあります。この場合、決定後、緊急連絡先に連絡します。
     開催中に残りの行程を中止した場合、参加者は保護者にお引き渡しするまで、当実行委員会でお預かりします。
  17. ジオパークフォーラムin磐梯山
     猪苗代町役場で開かれる「ジオパークフォーラムin磐梯山」は、広く一般の人を対象に公開で行います。
     ジオパークに名乗りを上げている磐梯山の楽しみ方や、火山や地震について、大学の先生や研究者が講演を行った後、参加した子どもたちが2日間のプログラムで発見したことをチームごとに発表します。子どもたちなどを除いて、当日先着200人までの参加が可能ですので、保護者の方はぜひおいでください。(詳細は7月中旬ころにホームページに掲載します)
    日時:8月7日(日)13:00-16:00
    場所:猪苗代町役場
  18. お問い合わせ
     ここ(FAQ)をご覧になった上で、さらに分からないことがあれば下記にお問い合わせ下さい。詳細なお問い合わせはメールでもお受けします。
     磐梯山ジオパーク協議会事務局 地震火山こどもサマースクール担当
    〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093
    TEL 0214-32-2511
    FAX 0241-32-3152
  19. これまでの地震火山こどもサマースクールのホームページ
    http://www.kodomoss.jp/

戻る トップ