2007年8月4日、5日 箱根で開催

第8回地震火山こどもサマースクール「箱根ひみつたんけんクラブ」

 目の前に見えているこの山は、どうやってできのでしょうか。温泉やよいながめなど、たくさんの恵みを与えてくれる箱根火山は、次はいつ噴火するのでしょうか。まだそのナゾは十分解き明かされてはいません。日本を代表する観光地、箱根を舞台に、第一線の研究者が、小中高生のみなさんと一緒に、野外での観察や楽しい実験をしながら箱根のひみつをたんけんする、第8回地震火山こどもサマールクール「箱根ひみつたんけんクラブ」が、2007年8月4,5日に開催されました。

サマースクールは無事、終了しました。多数の申し込み、ありがとうございました。(参考・募集要項)

丹那断層のひみつ有珠山ウオッチング地震火山こどもサミット活火山富士のひみつMt.Rokkoのナゾ霧島火山のふしぎ湘南ひらつかプレートサイド物語

主催 第8回地震火山こどもサマースクール実行委員会(特定非営利法人日本火山学会社団法人日本地震学会

後援:内閣府、総務省消防庁、文部科学省、国土交通省、神奈川県、箱根町、箱根町教育委員会、神奈川県立生命の星・地球博物館 協賛:小田原市
   この事業は、子どもゆめ基金(独立行政人国立オリンピック記念青少年総合センター)の助成金の交付を受けて行いました。

日時  平成19年8月4日(土)午前8時半〜8月5日(日)午後5時
集合場所 JR小田原駅
活動場所 箱根火山各所、箱根町立仙石原中学校、神奈川県立生命の星・地球博物館等
宿泊先 国民宿舎「ロッジ富士見苑」
参加人員 小学5年−高校生 30名

地震火山こどもサマースクールのサイト プレスリリース(pdf1.8M) A4チラシ(pdf360k) チラシ裏(pdf372K)

A3ポスター(pdf684k) スタッフのページ