第11回地震火山こどもサマースクール
室戸ジオパークを610倍楽しむ方法

2010年8月7日〜8日 室戸ジオパークで開催しました

小中高生と、学会の専門家が、室戸ジオパークの魅力を一緒に探しました

報告書(pdf)

主催 第11回地震火山こどもサマースクール実行委員会(社団法人日本地震学会特定非営利法人日本火山学会室戸ジオパーク推進協議会
後援 内閣府、文部科学省、国土交通省、総務省消防庁、気象庁、独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センター、一般社団法人日本地質学会、高知県、高知県教育委員会、室戸市、室戸市教育委員会
   この事業は、子どもゆめ基金(独立行政人国立青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて行いました。

日時 2010年8月7日(土)午前9時〜8月8日(日)午後5時
集合・解散場所 室戸市保健福祉センターやすらぎ(高知県室戸市領家)
活動場所 室戸市保健福祉センターやすらぎ、室戸岬展望台、行当海岸、乱礁遊歩道、国立室戸青少年自然の家など
宿泊先 国立室戸青少年自然の家
参加者 小学5年−高校生 29名
募集要項 (参考)

8月8日 室戸ジオパークフォーラム

日時 8月8日 午後1時から4時
場所 室戸市保健福祉センターやすらぎ 交流ホール「夢ひろば」
プログラム
室戸岬はどこから来てどこに行くのか=室戸ジオパークをもっと楽しむ方法
 岡村眞 高知大学理学部教授(室戸ジオパーク推進協議会顧問)
繰り返す南海地震と室戸岬=よく知って備えよう
 島崎邦彦 東京大学名誉教授(地震調査委員会長期評価部会長)
休憩
私たちが発見した室戸ジオパークの魅力
 地震火山こどもサマースクール参加者による発表

A4チラシ(pdf2.6M) 過去の地震火山こどもサマースクールのホームページ スタッフのホームページ(パスワード制限)