<第5回地震火山こどもサマースクール「Mt.Rokkoのナゾ」>

当日の様子

参加者用写真ページ1日目参加者用写真ページ2日目(要ID、パスワード)

 私たちの住んでいる六甲山の麓で、10年前の1995年1月17日、淡路島から神戸市の地下で断層が一気にずれて大きな揺れを引き起こし、阪神・淡路大震災という大きな被害を被ってしまいました。多くの人は気づいていなかったのですが、実は目の前にそびえる六甲山は繰り返しここで地震が起きてきた証拠だったのです。
 その六甲山のナゾを、地震や火山の最先端の研究者たちと一緒に、観察や体験を通じて楽しく学び、自然を観る目を養いました。

 主 催  第5回地震火山こどもサマースクール「Mt.Rokkoのナゾ」実行委員会(社団法人日本地震学会、特定非営利法人日本火山学会、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター、兵庫県)
 実行委員長 京都大学防災研究所教授 橋本 学

 日 時 平成16年8月7日(土)午前9時〜午後5時半、8月8日(日)午前9時〜午後5時半(予定)

 場 所 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター、布引ダム、六甲山など

 講 師 橋本学(京大防災研究所)、鎌田桂子(神戸大)、寒川旭(産業技術総合研究所)、丸山正(産業技術総合研究所)、武村雅之(鹿島建設小堀研究室)、根本泰雄(大阪市大)、相原延光(神奈川県立西湘高)、石黒耀(作家)ほか

 日程
1日目 8月7日(土)
  9:00 受付 人と防災未来センター
  9:30 開講式、グループ分け、オリエンテーション
(スクール中は、小学生から高校生までの数人のグループ単位で活動します)
 10:00 実験とお話し1 兵庫県南部地震の正体は?
 11:00 実験とお話し2 断層の正体は何だ?
 昼食(人と防災未来センター内)
 13:00 実験とお話し3 地震の揺れってどう伝わるの?
 15:00 休憩
 15:30 まとめのお話し 六甲山の正体は?
 17:30 終了
2日目 8月8日(日)
  9:00 新神戸駅集合
 ・布引ダムの断層見学(徒歩)
 ・六甲ケーブル山上駅展望台から六甲山と大阪湾の観察(バスなどで移動)
 途中で昼食(お弁当を提供)を食べて、断層上の掘削地など見学予定
 14:30 人と防災未来センター帰着
 15:00 グループごとに、まとめ発表の準備
 16:00 まとめ発表を兼ねた公開パネルディスカッション
人と防災未来センター1階ガイダンスルーム
 17:00 閉講式 同上
 17:30 終了

 過去のサマースクールのホームページ http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/kodomoss/

お問合せ先 Email:04mt-rokko@freeml.com

阪神・淡路大震災10周年記念共同企画事業

2004年度防災教育チャレンジプラン採択事業(主催・防災教育チャレンジプラン・ワークショップ実行委員会、
後援:内閣府・総務省消防庁・文部科学省・国士交通省・日本赤十字社・全国都道府県教育委員会連合会)

募集要項 プレスリリース ポスター(1.3M) スタッフのページ